『ファークライ5』(ネタバレ)

 PS4版にてプレイ。

 おそらくGTAシリーズに次いで世界的に有名なオープンワールドFPS。筆者もシリーズ第三作からPS3で遊んできており、これが目当てでPS4も購入。発売後さっそくプレイした次第。
 このブログはストーリーの研究が目的なのでゲームとしての感想は簡単に済ますが、前作と比べると技術的には漸進的な進歩がみられるものの、ゲームの印象はやや薄味になった感がある。最大の変更点として、これまでのシリーズでは、far cry(遥か遠く)という題名通り、第三作以降エキゾチックなアジア地域が舞台になっていたのが、今作では米国が舞台となったことがあり、ティーンズのプレーヤーにとっては舞台がどこでも同じかもしれないが、オジサンプレーヤーにとってはこれが相対的にだいぶ陳腐に感じられる。製作元のカナダUbisoftはこれまで大作ゲームの製作費の高騰を懸念する発言をしてきており、ひょっとすると取材予算の削減を図った結果なのかもしれない。とはいえ、前作・前々作ほどの出来ではないというだけで、未だ楽しめるゲームではあり続けている。
 さてストーリーだが、梗概を紹介するならば次のようになる。主人公はアメリカモンタナ州の新米保安官補で、近く来る終末に備えることを主張するカルト教団エデンズ・ゲートの教祖「ファーザー」ことジョセフ・シードに対して出ている逮捕状を執行するため、同僚3人とともに彼がヘリで教団の本拠地に着陸するところから話が始まる。この土地は教団に支配されていて、政府は事実上機能していない。信者たちに囲まれながらもファーザーを逮捕し、ヘリに乗せて連行しようとしたところ、どういうわけかそのヘリが墜落。同僚3人はその混乱のなかで信者たちに連れ去られ、各々ファーザーが家族と呼ぶジョン、ジョイコブ、フェイス(苗字は全員シード)の3人の教団幹部のもとに監禁されてしまう。一方、主人公は教団の支配に抵抗する地元の人物の一人ダッチに助けられる。ダッチは、この地では通信が機能していないので助けを呼ぶことはできないことを告げたうえで、この地を教団の支配から解放して同僚を取り戻すよう勧める。かくして主人公は、教団との闘争を繰り広げることになるのであった。信者は武装して各地で資源や拠点を支配し、抵抗する地元の人間たちを罪人と呼んで拉致し、麻薬を使ったり(フェイス)、仲間同士で戦わせたり(ジェイコブ)、拷問したり(ジョン)することで洗脳していた。主人公は抵抗勢力の仲間を増やしつつ、教団の拠点を次々と制圧していく。時折、幹部らに拉致され洗脳されそうになりつつもなんとか逃げ出すということを繰り返しつつ、ついに三人の幹部を倒し、同僚を奪還する。次いで本来の目的であった「ファーザー」の逮捕に向かい、抵抗する信者たちを制圧。逮捕に成功するが、その直後、同地に核爆弾が投下される。からくも生き残った主人公は、私が正しかったと嘯くファーザーとともに2人で核戦争後の世界を生きることになるのだった。
 まず一般論として、敵がゾンビでもロボットでもなく人間であるタイプのFPSの場合は、人間を殺すことに正当な目的を与えておかないと、プレーヤーが敵を殺すたびに罪悪感を感じることになってしまうし、なにより一般に発売できないゲームになってしまうので、それがこの手のゲームにおけるストーリーの第一の存在意義となる。つまり敵が極悪人である必要かあるわけで、ファークライ3ではサイコパスの島の支配者、4では小国の独裁者だったのが、本作ではカルト教団の教祖に設定されているわけである。またある程度ストーリーに長さを持たせるために、複数の仲間を順次救出していくというのが目的になっているのもシリーズの定番通りである。
 その上での今回のストーリーの新機軸は、主人公が間違っていたという結末を用意するという点であり、これはおそらくUndertaleあたりの影響だろうかと思わないでもないのだが、残念ながら成功したとは云えない。第一に、そのような結論は前述したストーリーの存在意義に反するので、プレーヤーがゲームを楽しむこと自体ができなくなってしまう。これは特に2周目以降のプレイにおいて問題となる。Undertale の場合は敵を殺さないプレイが可能なように(そしてそれこそが本番であるように)作られていたが、このゲームではそうでなく、プレイの楽しさに水を差すだけである。第二に、そもそも核戦争を正しく予言したからといって教団のしてきた残虐行為が十分に正当化されるとは思えず、主人公の行為が本当に間違っていたのか疑問である。第三に、これがストーリーテリングの技術の上ではもっとも重要な過ちだと思うが、教団を倒すというのは主人公、というかシナリオライターが勝手に決めたのであってプレーヤーが決めたのではない感じになっている。形の上では、話の冒頭で、ジョセフを逮捕しないという選択肢を採ることができるように作られているのだが、これは本当に形の上だけの話で、実際そのような選択をするとゲームを遊べないまま終わってしまうようになっている。そもそも、逮捕するのが正しいのかどうかの情報が与えられないまま選択の機会だけ提供しても無意味である。こういう場合の正しいやり方は、ジョセフ・シードを逮捕するのが正しいという誤った情報を与えたうえで、話のターニングポイントでそれをひっくり返すことである。これをアナグノーリシスという。このようにして初めて、プレーヤーは自分の考えが誤っていたことに動揺するのである。同じ状況に立たされればプレーヤーも主人公と同じ過ちを犯すかもしれないというおそれを感じるからである。強いて今回の新機軸にプラスの評価点を探すなら、人を殺すことに罪悪感を感じるということで、いくらか倫理的なゲームに近づいたとは云えるのかもしれない。
 また本作では、ストーリーミッションと銘打ったメインストーリーを進めるはずのミッションに、真の意味で本題のストーリーに関係するとは思えないものが多かった。つまりストーリーミッションであってもサイドミッションのようなものが多かった。この結果、ストーリーがだいぶ散漫な印象になった。多くのストーリーミッションが仲間を集めることに関係していたが、アリストテレスが言うように、その部分がなくてもそのあとのストーリーが成り立つならば、その部分はストーリーにとって本質的ではない。ポイント稼ぎを別にすれば、仲間を集めなくてもプレイがうまければ拠点を制圧して幹部を倒すことは可能である(幹部との対決は仲間を引き連れていけない仕様なのでなおさらである)。本作ではAIで仲間と戦えるという機能が入ったのでこのようなミッションが多数入ることになったと思われるが、サイドミッション扱いとすべきであった。

『鉄の門』(マーガレット・ミラー)

 江戸川乱歩が類別トリック集成で褒めていたこの作品、読んでみたいと思いつつも絶版作品だけになかなか読めずにいたが、Amazonで古本で出ていたのを見つけてようやく入手できたので早速一読した(53年の古い訳の方。江戸川乱歩の解説付き)。
 その感想だが、ちょっと期待しすぎたかあまり感心しなかったというのが正直なところである。心理的スリラーというからもっとハラハラするような話かと思っていたが、その面では失敗作である。これはミステリーではよくある類の失敗で、要するに情報を伏せすぎて、主人公に危険が迫っていることや、その危険は事と次第によっては読者の身の上にも起こりうることであるということを、読者に確信させられなくなってしまったのである。
 乱歩が評価したのは心理的な探偵小説であるというところだが、これが具体的に何を意味するのか筆者にはよくわからない。ただこの話の結末の一つの特徴は、謎解き役の刑事が主に動機面から推理して犯人を突き止めるのだが、それだけでは証拠がないというので、結局犯人は逮捕も起訴もされずに終わることである。今では別に珍しくもない終わり方だが、当時はそうでもなかったのかもしれない。必ず犯人は逮捕されなければならないという縛りがあるとないとでは、創作の自由度が段違いであろう。乱歩はそこを切り開いたことを評価したのかもしれない。

ナイスの日

 一応時かけの更新は終了しているのだが、ここ最近サイトの更新自体途絶えているので、生存証明の意味で記しておく。
 例によって過ぎてから気づくナイスの日。

 今年の金曜ロードショーはサマーウォーズとのこと。また、今日の夜にスタジオ地図がなにやらネットで生ライブをしていたらしい。

『君の名は。』(2016)

 立川シネマシティ極上音響上映にて鑑賞。

  • 今頃になってやっと鑑賞。事前に想像していたよりもずっと新海誠らしい作品だったが、旧『君の名は』と『転校生』と『ひぐらしのなく頃に』とアニメ版『時をかける少女』と『サマーウォーズ』と『秒速5センチメートル』を足して8くらいで割った感じ。どうも若干薄味である。セカイ系の旗手とされた新海誠の強みも弱みも昔と変わっていない。恋愛描写は深みがあるがそれ以外がどうも今一つ。ただそれでも、とにかくヒロインがそれなりに魅力的に描けているから、まずは成功したほうだろう。
  • これだけ売上が上がった原因は何か。おそらく、ロマン(娯楽)要素として、男女が入れ替わる話だというのがキャッチーだったのと、『転校生』あたりがそろそろ若者になじみが薄くなってきていて、ネタとしての新鮮さが戻ってきたというあたりがまずあるのではないか。そしてまた、こういう恋愛ものの場合、男子からみた女子の理想像だけを描くと男子のみの客層しか狙えず、女子からみた男子の理想象だけを描くと女子のみしか狙えないわけで、ヒットを狙うならこの両方を描かないといけないが、この作品ではそういう二兎を追う戦略がうまくいった結果、男女ともに楽しめる恋愛ものということでデートムービーとして見られるようになったのではないか。この辺り、アニメ版の『時をかける少女』と共通するところがある(それにしても、奥寺先輩という名前は偶然だろうか(時をかける少女の脚本担当は奥寺佐渡子))。『秒速5センチメートル』の頃はお世辞にもデート向きとは言えない作風だったが、今後はデートムービー監督という方向で行くのだろうか。また、創作態度という面では、近時の新海誠がオリジナリティにはあまり拘らず過去の諸作品の成果を取入れて作品づくりをするという方向に行ったのも、その分薄味にはなったもののまずまず成功したようである。この辺り、オリジナル志向を強めた結果伸び悩み傾向のある細田守と明暗を分けた感がある。
  • シナリオ面についていくつか簡単に難点を指摘する。まず瀧が救おうとしているのは三葉なのか村全体なのかが曖昧である。村全体だというなら動機が弱い。三葉だけだというなら下手をすると話が矮小化し、瀧の行為の立派さが少なくなってしまう。そのことと関連するが、この話には過去の新海作品にあったような罪悪感とそこからの解放(カタルシス)という要素がない。もともと新海誠の作品では、愛情に応えられない俺はダメだというウジウジとした罪悪感が作品に満ち満ちていたのであるが、まあデートムービーとしてはそこまでは難しいにしても、せめて、瀧の過失のせいで村が全滅したということになっていれば、その後の行動にも説得力が出た。また、「忘却とは忘れ去ることなり」がキャッチフレーズだった旧『君の名は』からの影響とは思うが、名前を忘れるとか忘れないとかという話と後半中心になるパニックムービー要素との関連が薄く、なんだかとってつけた風である。概して、恋愛ものとパニックものの要素があまりかみあっていない印象であった。

70点/100点満点

バイオハザード7実況

 待望の新作『バイオハザード7』のゲーム実況が発売日から始まり、先週あたりでだいたいの実況者がエンディングまで到達した。もともと『P.T.』を意識したようなホラー仕立ての体験版の出来がかなりよく、前評判の高かった作品である。今回はどうもCAPCOMが実況を積極的にプロモーションに使用する戦略に出たようで、英語実況・日本語実況ともに著名実況者が発売日に一斉に実況を開始していたのが印象的であった。英語実況界ではPewDiePie率いるRebelModeのメンバーがほぼ全員実況をアップロード。ただし、リーダーのPewDiePieが1日分だけ先行する取り決めだったと見られ、注目度のわりには他のメンバーの再生数はほどほどだったようである。とはいえ久々の大作タイトルなので各人とも気合たっぷり、特にMarkiplierは久々に楽しそうであった。日本でも弟者、ガッチマンなど多くの実況者が実況している。
 ゲームの中身について言えば、月並みな感想で多くの実況者も言っていたことではあるが、久々にホラーらしいホラーに回帰した正統派のバイオハザードという感じ。大味なアクションシューティングだった最近のシリーズと比較すると抜きんでた出来である。ただ、体験版がまさにホラーゲームそのものだったのと比べると、本編の方はややアクションゲーム・スプラッターの成分が濃く、そこは少し期待と違っていた。
 これはまだあまり言っている人が少ないと思うが、今回の作品は演出のリアリティレベルが高い。そして特に印象的なのが、今までのバイオハザードは、舞台設定が「日本人が想像したどこか欧米の国」以上のものでなくていかにも底が浅く、幼稚な印象を与えていたのに対し、今回のバイオハザードは本当のアメリカの片田舎のように見える。また役者の演技のレベルも高い(これが本来の演出という言葉の意味である)。大人の鑑賞に堪える映画のようで、一体制作体制に何があったのか知らないが、これなら世界で戦えるであろう。

Ubuntu 16.04で/etc/default/bind9に設定したOPTIONSが有効にならない

 bindをIPv4オンリーで動かしたいときは/etc/default/bind9に
OPTIONS="-u bind -4"
なんて書いたりするのが常道で、これをしないと延々syslogに
network unreachable resolving 'k.gtld-servers.net/AAAA/IN': 2001:503:231d::2:30#53
とかといった類の警告が出続ける。ところがsystemd化された後のUbuntuだとこの設定が効いてくれない。
 治し方だが、
# systemctl edit bind9
で開いたエディタで以下のように書いて保存。
[Service]
EnvironmentFile=-/etc/default/bind9
ExecStart=
ExecStart=/usr/sbin/named -f $OPTIONS

 EnvironmentFile=のあとのマイナスは間違いではなく、そのあとに書いてあるファイルがなければ無視するという意味。また、ExecStart=が2回出てくるのも間違いではなく、一つ目の空のExecStart=は設定の内容をクリアするという意味
 こんなの、どこかに書いておかないと自分でもわからなくなるに違いない。systemdはどうもあまりフレンドリーじゃないね。

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

という挨拶くらいしか書くことがなくなると、その個人Webサイトも更新終了が近いという気がする。

 去年は正月休みに類別トリック集成を入力して公開し、これはまあ地味なアクセス数を集めたけれども、外には大した記事を上げられなかった。相変わらず映画も見ていない。
 せめて今年はもう少し映画を見に行きたいものである。『君の名は。』については今月やるらしいIMAX版を狙っている。

 名作ビジュアルノベルとして有名な『CLANNAD』も入手してインストールしたのだが、どうもやる前から気が重い。この気の重さの原因は何なのかといえば、やっぱりビジュアルノベルは長さが半端じゃあないということと、これはビジュアルノベルに限らないけれど、どうしても小説の序盤は辛抱を強いられるというあたりにありそうである。iOSアプリ版が無料公開されているというのでインストールした『Fate/Stay Night』も、結局序盤で投げ出していて、どうもいやな予感がする。投げ出したといえば『Steins;Gate』の前作にあたるというので買った『CHAOS;HEAD』も投げ出したままだ。
 大体ビジュアルノベルなどというものは、文章の字面やビジュアルの絵面の表面的なところだけ見れば素人に毛が生えた程度のものでしかないのであり、よほどの前評判を仕入れていない限り、序盤の掴みがうまくないと、付き合いきれぬと途中で投げ出しやすいものではある。『ひぐらしのなく頃に』のSteam版は実績の達成率が公開されている関係で各章のおおよその読了率が分るのだが、第一話前半の読了率の低下加減(脱落率)の高さといったら相当なものである。ビジュアルノベルはあまたあるストーリーの表現媒体の中でも長さへの制限が緩い方だと言われるが、いくら書く側が思う存分書きたいといっても読む側の都合もあるのだから、少しは制限したほうがいいようである。
 『Steins;Gate』といえば去年続編が発売されていたけれども、ダメだという話も聞かないがすごくいいという話も聞かない。いずれにせよPC版は後回しだったかと思うのですぐにプレイすることもできないのだが、しかし続編だからといってあの本編レベルの話がホイホイ作れるわけもなく、また劇場版のシナリオもまあまあといった程度だったので、正直あまり期待はしていない。ただ今ビジュアルノベルの商売はいろいろ難しいと思うので、支援の意味で購入するのはアリだろう。それにしてもクリスがメインヒロインという位置づけを変えるつもりはないのか。

近況

 ここのところ貧乏になって転職したりして映画館にもいかず、WOWOWも止めたりして、本家サイトの更新はおろか映画短評も書けていない。『シン・ゴジラ』にしても『君の名は。』にしても興味はあるのだが、どうも結局放映待ちということになりそうである。
 まあ年末あたりにWOWOWは再加入するか。この際ネットのサービスでもいいけど新作はどうかなあ。
 なお、Amazonプライムビデオに興味のある方はぜひ以下のリンクから。
Amazon プライム
Amazon プライムビデオ

 『君の名は。』については、ポスト宮崎駿レースの穴馬新海誠が一気に追い上げてきたという印象。まさか細田守の成績を抜くとは思わなかった。しかも話の中身もある意味時かけと同系列のループものだというし。

 TOEICの試験制度もマイナーチェンジがあったようだが、追いかけていない。名称もTOEICからTOEIC L&Rに変更になったらしい。しかしまあ、大差はないであろう。

ナイスの日

 日本記念日協会から登録が消えている模様。5年ごとに継続の確認があり、登録者の活動実績がないと消滅となるらしい。
 それにしてもこのサイト、日付に対してURLがつかない。意味もなくダイアログボックスも出るし。

時かけカフェ

 渋谷パルコで期間限定で営業している時をかける少女カフェに行ってきた。細田守関連のイベントは込み過ぎるので基本的に敬遠しているのだが、今年で10周年ということだし、吉祥寺でやってた頃は結構すいてたしまあいいかなと思って試しに行ってみた次第。
IMG_20160713_151110
 しかしやはり7月13日というのがよくなかったのか、平日にも関わらず2.5時間待ちという有様。整理券の配布もしていないようで、とても付き合いきれぬ。物販コーナーでプリンだけ買ってきた。このプリンは高いけど味は濃厚でモロゾフのより旨いと思う。中身は命(みこと)プリンという名前で新御徒町で売られているものらしい。
 並んでいたのは20代くらいの女子が多かった。筆者がメインターゲット層からずいぶんズレてることを自覚。

IMG_20160713_151449
 入口付近にあった撮影スポット。ノートの束が欲しいところ。

 15・16日には上野の東博でまた上映会をやるみたいだけれど、この調子だとちょっと行く気はしない。

 22日の金曜ロードショーは『バケモノの子』TV初放映との由。