カテゴリー別アーカイブ: 細田守

『君の名は。』(2016)

 立川シネマシティ極上音響上映にて鑑賞。

  • 今頃になってやっと鑑賞。事前に想像していたよりもずっと新海誠らしい作品だったが、旧『君の名は』と『転校生』と『ひぐらしのなく頃に』とアニメ版『時をかける少女』と『サマーウォーズ』と『秒速5センチメートル』を足して8くらいで割った感じ。どうも若干薄味である。セカイ系の旗手とされた新海誠の強みも弱みも昔と変わっていない。恋愛描写は深みがあるがそれ以外がどうも今一つ。ただそれでも、とにかくヒロインがそれなりに魅力的に描けているから、まずは成功したほうだろう。
  • これだけ売上が上がった原因は何か。おそらく、ロマン(娯楽)要素として、男女が入れ替わる話だというのがキャッチーだったのと、『転校生』あたりがそろそろ若者になじみが薄くなってきていて、ネタとしての新鮮さが戻ってきたというあたりがまずあるのではないか。そしてまた、こういう恋愛ものの場合、男子からみた女子の理想像だけを描くと男子のみの客層しか狙えず、女子からみた男子の理想象だけを描くと女子のみしか狙えないわけで、ヒットを狙うならこの両方を描かないといけないが、この作品ではそういう二兎を追う戦略がうまくいった結果、男女ともに楽しめる恋愛ものということでデートムービーとして見られるようになったのではないか。この辺り、アニメ版の『時をかける少女』と共通するところがある(それにしても、奥寺先輩という名前は偶然だろうか(時をかける少女の脚本担当は奥寺佐渡子))。『秒速5センチメートル』の頃はお世辞にもデート向きとは言えない作風だったが、今後はデートムービー監督という方向で行くのだろうか。また、創作態度という面では、近時の新海誠がオリジナリティにはあまり拘らず過去の諸作品の成果を取入れて作品づくりをするという方向に行ったのも、その分薄味にはなったもののまずまず成功したようである。この辺り、オリジナル志向を強めた結果伸び悩み傾向のある細田守と明暗を分けた感がある。
  • シナリオ面についていくつか簡単に難点を指摘する。まず瀧が救おうとしているのは三葉なのか村全体なのかが曖昧である。村全体だというなら動機が弱い。三葉だけだというなら下手をすると話が矮小化し、瀧の行為の立派さが少なくなってしまう。そのことと関連するが、この話には過去の新海作品にあったような罪悪感とそこからの解放(カタルシス)という要素がない。もともと新海誠の作品では、愛情に応えられない俺はダメだというウジウジとした罪悪感が作品に満ち満ちていたのであるが、まあデートムービーとしてはそこまでは難しいにしても、せめて、瀧の過失のせいで村が全滅したということになっていれば、その後の行動にも説得力が出た。また、「忘却とは忘れ去ることなり」がキャッチフレーズだった旧『君の名は』からの影響とは思うが、名前を忘れるとか忘れないとかという話と後半中心になるパニックムービー要素との関連が薄く、なんだかとってつけた風である。概して、恋愛ものとパニックものの要素があまりかみあっていない印象であった。

70点/100点満点

ナイスの日

 日本記念日協会から登録が消えている模様。5年ごとに継続の確認があり、登録者の活動実績がないと消滅となるらしい。
 それにしてもこのサイト、日付に対してURLがつかない。意味もなくダイアログボックスも出るし。

時かけカフェ

 渋谷パルコで期間限定で営業している時をかける少女カフェに行ってきた。細田守関連のイベントは込み過ぎるので基本的に敬遠しているのだが、今年で10周年ということだし、吉祥寺でやってた頃は結構すいてたしまあいいかなと思って試しに行ってみた次第。
IMG_20160713_151110
 しかしやはり7月13日というのがよくなかったのか、平日にも関わらず2.5時間待ちという有様。整理券の配布もしていないようで、とても付き合いきれぬ。物販コーナーでプリンだけ買ってきた。このプリンは高いけど味は濃厚でモロゾフのより旨いと思う。中身は命(みこと)プリンという名前で新御徒町で売られているものらしい。
 並んでいたのは20代くらいの女子が多かった。筆者がメインターゲット層からずいぶんズレてることを自覚。

IMG_20160713_151449
 入口付近にあった撮影スポット。ノートの束が欲しいところ。

 15・16日には上野の東博でまた上映会をやるみたいだけれど、この調子だとちょっと行く気はしない。

 22日の金曜ロードショーは『バケモノの子』TV初放映との由。

『僕だけがいない街』(第1~4話)(TVアニメ)

 ニコニコ生放送(タイムシフト)にて鑑賞。

  • 主人公の藤沼悟は、アルバイトをしながらマンガ家を目指す冴えない29才の青年だが、一つだけ特殊能力を持っていた。それは「リバイバル」というタイムリープ能力で、周囲の人間に何か悪いことが起こると、勝手に数分程度時間が戻るというものだった。藤沼はそれを利用して何度も人助けをしてきたが、自分にとってはどちらかといえば損になることの方が多かった。そんなある日、ひょんなことから故郷の北海道から出てきて藤沼のアパートに住み込んでいた彼の母佐知子が、何者かに刺殺されるという事件が起こる。するとリバイバル能力が発動し、気づくと藤沼は小学生時代に戻っていた。時は昭和63年2月、所は北海道。藤沼は戸惑いながらも小学5年生としての生活を始める。ところで記憶によると、この年の3月にはこの地区で誘拐事件が発生し、同級生の雛月加代と杉田広美が誘拐後殺害されるのであった。加代は藤沼がひそかに思いを寄せていた女子で、事件後、彼女を救うことができなかったことを藤沼は深く後悔した。またその犯人として以前より小学生の藤沼の遊び相手をしてくれていた近所の青年「ユウキさん」が逮捕され、後に彼は死刑判決を受けることになるのだが、藤沼には彼が真犯人とは思えなかった。それを思い出した藤沼は、誘拐事件の発生を防ぐため、親から虐待を受けていた加代を救うことで彼女と親しくなり、事件の発生日には彼女を誘拐場所である近所の公園から遠ざけておくようにすることに成功する。
     気になるのは、リバイバルでこの時代に飛ばされたところからすると、誘拐事件と母の殺害に何か関係があるのかということである。果たして、ここからどうにかして佐知子の殺害を防ぐことはできるのか。そして差し当たり、藤沼は加代の誘拐を防ぐことができるのか。
  • 『ヤングエース』連載中のマンガが原作のノイタミナ枠アニメ。普段TVアニメは見ないのだが、『時をかける少女』の助監督の伊藤智彦氏が監督、同作「公式ブログの中の人」が原作協力(って何?)で、また世評も上々とのことで、珍しく鑑賞してみた次第。そして話のジャンルはまたもタイムリープものである。演出はやはり細田守の影響が強い。ノイタミナ枠だし、原作は青年誌のマンガだから、話も演出も、一応大人の鑑賞に堪えるものにはなっていると思う。
  • この話についてロマン(娯楽)要素の面からいうと、青年誌のマンガということもあって、この4話までの範囲で云えば、「小学生時代に戻って初恋のあの子とやり直したい」という願望を実現する、というような話になっている。なんとなくギャルゲーっぽい展開ではあるのだが、加代が親から虐待を受けていたことを奇貨として(?)、加代の信頼を得ていく過程が丁寧に描かれていて、その点はそれなりによく出来ていると思う。
  • ただ、概して話がダレがちである。これはサスペンスの作り方がいまいちだからで、その原因はほぼ犯人側の情報を伏せすぎているということに尽きる。サスペンスでは、犯人の身元を伏せるにしても、語り手ないしその仲間が狙われていて喫緊の脅威(パトス)の下にあるということは早い段階で明確に示さねばならぬ。そしてその後の主人公の行為は、何をするにしても、この脅威を防ぐことに関連していなければならない。ここから話が外れたとたんに観客は退屈を始める。
  • また、主人公の動機が強い倫理的信念に基づいていないのも気になる。どちらかといえば主人公が事件を防ごうとしているのは母親や恋人への愛情からだが、それは自分の都合に属する動機である。それでも殺人という非道な行為を防ぐのは矯正的正義にかなうといいたいところだが、そういえるのはその具体的ケースにおける殺人が正しくない行為であった場合に限る。前述したこととも関係するけれども、犯人の動機が明らかでないので、今回の殺人が正しくないのかどうかは現時点でなんとも言えないのである。一般論として、ここまでの展開における主人公のように、単に社会規範に忠実だというのは、社会に対するローヤリティの問題であって、その行為は立派というよりなんだか小市民的に見えるのである。信念に従って行動してはじめてその行為は倫理的に立派な行為となる。
     こういう状態で主人公の行為が成功した場合、観客は、脅威が取り除かれてほっとするには違いないが、主人公の行為をほめたたえようという気にはあまりならないのである。すべてのドラマのテーマは、究極的には誰のどの行為を褒め、誰のどの行為を弾劾するかなのであって、これが明らかにならないと、いつまでたっても話が終わらない。
     『時をかける少女』の成功の一因は、それが恋愛そのものというより、恋愛における倫理をテーマとしたからである。

Dパートのあらすじ

 時かけブログ記事公開終了のときにリンクを一緒に公開終了してしまっていましたが、ここにあります。

 ちなみに今回のTV放映の影響で、当サイトのGoogle Analyticsでのリアルタイムアクティブユーザー数が、放送終了直後時点で4000を超えました。やはりTVという媒体の瞬発力は未だに恐るべきものがあります。放送開始前や開始直後あたりはあらすじへのアクセスが多く、放送後は問答集のDパートへのアクセスが多かったようです。
 とはいうものの、以前の時かけTV放送のときと比べても桁違いに多いんですよねえ。何が原因なのか……。以前と比べるとスマホ系トラフィックの割合がはるかに増えているのが目を惹く違いとしてあるのですが、ひょっとしてスマホの普及でここ1~2年でWWWのトラフィック自体が大幅に伸びたのでしょうか? しかしそれなら普段のアクセスも大幅に伸びていないとおかしいがそんなことはないですしね。細田守人気が伸びたにしても、例えばおおかみこどものときと比べて桁違いに伸びるというのも変だし……

追記: 今回の放送の視聴率は13.4%だったそうで、2007年の12.2%、2008年の10.0%(以上フジテレビ時代)、2009年の7.8%(ここから日テレ)と比べてかなり高い数字でした。

 いずれにせよ、サーバー側で動いているnginxはこのトラフィックを楽々捌いてくれていました。さすが。

 実に久しぶりに観ましたが、やっぱり脚本の奥寺氏が女性ということで、女子のセリフ回しや、女子から見たある種の男子の理想像がよく描けてる作品だと感じました。また、「女子が好きになる男子とは」というテーマ設定とその答えは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)からの影響が濃いですね。演出だけでなく脚本面でもかなり影響されてたというのに今更気づきました。ロレインの側から見たバック・トゥ・ザ・フューチャーみたいなもんですね。
 今日久しぶりに目白の分かれ道の様子を見に行ってきましたが、ツタが絡まって少し感じが変わっていたものの、大体元のままでした。それと富士見坂に手すりが付き、また建物がいくつか建て替えられてました。

Googleのrefererが変更?

 7月15日頃から、Googleのhttpsサイトの検索結果から飛んでくるときのreferer文字列が、それまでの”https://www.google.co.jp/”から”https://www.google.co.jp”に変更になった模様。Google側の仕様変更か、ブラウザ側かは不明。
 これまでホスト名以降にスラッシュを一つも含まないrefererを送ってくるのはSPAM用のbot以外になかったため、当サイトではそういうアクセスを弾く設定にしていた。このため、しばらくGoogleから当サイトにアクセス不可能な状態になっていた。

 時かけのTV放送前に気づいてよかった…

 なお、最近時かけ関係は更新していないけれど、細田守のトリロジーBD Boxだけ商品ページに追加。

『アナと雪の女王』(2013)


 WOWOWにて鑑賞。

  • 去年大流行したご存じアナ雪。しかしアメリカでの初公開は2013年で、公表年としては一昨年の作品ということになる。シナリオは大したことないようだったので、そのうちWOWOWでやるだろうと思って見送っていたら意外と時間がかかった感あり。放映権の交渉が難航したのかもしれない。今般の放送では、ディズニースペシャルと称する特集を組んでその他のディズニー作品と一緒に放送している。さては抱き合わせで買わされたか?(邪推)
  • あらすじはWikipediaにあるのでまた省略。最近Wikipedia日本語版では映画のあらすじをきちんと最後まで書くようになったのだろうか。
  • まあとにかく歌曲の出来は確かに秀逸である。普通ミュージカル映画というのは、それなりにヒットしたものでももう一度聞きたいと思えるようないい曲は大抵1曲だけ、オマケしてもう1曲くらいで、その他はイマイチな出来のものが多いもの。しかしこの作品の歌曲は粒揃いで平均的にレベルが高い。こうなるとシナリオがイマイチだったとしても歌曲シーンだけで十分間が持ってしまう。吹き替え版と字幕版の両方観たが、やはり音楽的には字幕版の方がいい。
  • シナリオ面。原作はアンデルセンの『雪の女王』だそうだが、エルサを前面に出すために相当無理をして改変したらしく、プロット面は特に終盤にかけて無理があったようにも思われる。一応構造を分析しておくと、実質的に主人公はクリストフで、彼の目標はアナを助けること(つまりパトスはアナの死亡)、葛藤になっているものはアナへの愛情、葛藤の解決はハンスが悪人だったというアナグノーリシスによる。いずれにしてもメロドラマ的な葛藤なのであまり深刻なものにならないが、コメディだからこんなものでいいのだろう。
  • 一方でダイアローグはコメディとしてかなりよく出来ている。主人公のアナは楽観的で人を信じやすい性格で、それでトラブルに巻き込まれるのではあるが、そこが観客から見て魅力的なキャラクターに仕上がっている。脚本家が女性であることもあってか、女性キャラが率直かつリアルに描けているのもいい。その代わり、男子キャラは少々理想化されているようであった。2人の男子のどちらを選ぶかという話であるというところも含めて、このあたり、『時をかける少女』(2006)となにか同じ匂いがする。
  • 公開時に『Let It Go』の吹き替え版の訳詩についてネットで議論があったが、全編通して観てみると、やはりあの訳詩はあまりに前向き過ぎるように感じられた。あそこはやはり絶望的なシーンなのではないだろうか。
  • この話の寓意をどう解釈するか? 元の童話を相当捻じ曲げているのであまり悩んでも仕方ないのかもしれない。

70点/100点満点

細田守関係記事公開終了

当ブログでの「細田守」関係の記事は公開を終了しました。
今までお付き合いくださいましてありがとうございました。
雑多なページの方の問答集などの記事はこれまで通り公開します。

『風立ちぬ』

  • 宮崎駿最新作。三菱の航空機の設計者堀越二郎が結核に侵された妻菜穂子を犠牲にしてゼロ戦を完成させる話。堀越の評伝と、ゼロ戦とは関係ない小説『風立ちぬ』をニコイチにした話らしい。
  • まあ狭い意味でのアニメーションそのものは毎度のジブリクォリティで特に不満はないのだけれども(美術だけはやはり山本二三には劣るなと思いましたけど)、脚本の方はどうもかなり問題を抱えていますねえこれは。宮崎駿のネームバリューがあるからいいですけど、ほかの人間が作ってたら第二のゲド戦記の汚名を着ても不思議ではなかったところです。とにかく話が退屈なのがなによりまずい。第一にこれは人物の心情より出来事を追ってしまって段取り芝居になってしまっているのがよくなかったし、またそれと関連していますが、第二には話に葛藤がありませんでした。私が書くなら、結婚はもっと話の前の方に持ってくるし、ゼロ戦の設計を倫理的に義務づけるようなエピソードを冒頭に追加して、これらの間で葛藤を作るところです。でも宮崎駿のポリシーとして戦闘機を作ることを美化するのは抵抗があったんでしょうねえ。結局そこをどう評価するのかが曖昧で、結末も中途半端になってしまいました。ゼロ戦を設計することを「美しい」と表現するのは逃げでしょう。良いことなのか悪いことなのかはっきりさせないと。
  • 主役に抜擢されて話題となっていた庵野秀明の演技だが、そこだけ見ればやはり失敗でしょう。『トトロ』の糸井重里、『耳すま』の立花隆より下手だし、なかなか味のある声だったこれらに比べて声質の点でも疑問です。というか、脇役のトトロや耳すまの父と違ってこれは主役なんで、感情入れないといけない難しいシーンが結構あるんですけど、そういうところがダメでしたね。ただ、この話は師匠宮崎と弟子庵野の話でもあるのかも知れず、そう解釈するなら上手い下手にかかわらずこのキャスティングしかありえないのでしょう。ただそれならカプローニも宮崎駿が演るべきでした。
  • 総合評価としては、金曜ロードショーで見れば十分といったところじゃないでしょうか。
  • ところで宮崎駿のクレジットが「原作・脚本・監督」となってましたが、少なくとも小説『風立ちぬ』との関係では「原作」を名乗るのはまずいのでは。まあ漫画版があるからということなのかもしれませんが、小説の方も少なくとも原作として併記しないと。もともと日本の映画・アニメ界は脚本と脚色の区別をしなかったり、手直し程度しかしてなさそうな監督が共同脚本を名乗ったりとかなりルーズな運用のようですが、感心できません。
  • なんだか全体的に細田作品の影響を受けているように思えたのは私だけでしょうか。特に冒頭などはサマーウォーズと時かけを足して2で割ったような…

45点/100点満点

『STEINS;GATE』(ゲーム)

 Windows向けNitro The Best!シリーズ ダウンロード版でプレイ。

  • 最近しきりに世間を騒がすnitro plus界隈。物語愛好家としてはなにか一つプレイしてみなければなるまいと思いつつもなかなか機会がなかったが、なぜか今になって衝動買い。3000円と安かったこともある。「アドベンチャーゲーム」に分類されるゲームを購入したのは、確かエルフソフトの『同級生』あたりが最後で、そうすると……なんと約20年ぶり!?
  • あの堀井雄二のデビュー作『ポートピア殺人事件』を挙げるまでもなく、アドベンチャーゲームはPC黎明期にはゲームの花形だったが、その後次第にRPGなどの他ジャンルのゲームがストーリー性を強めるのにつれ押しだされるようにして衰退、上述の『同級生』あたりからほとんどもっぱらエロゲー・ギャルゲーの分野でのみひっそりと生き続けてきた……というのが個人的な理解。本作も発売元のnitro plusはギャルゲーメーカーであり、いちおうその系譜に属する。ただ、エロシーンはないし、キャラクターデザインもあまり「萌え萌え」していない。
  • アドベンチャーゲームの世界では、チュンソフトの『弟切草』あたりから読み物としての性格を強めるトレンド(ノベールゲーム化)が確立したらしいと仄聞してはいたものの、実際プレイを初めてみてやはり驚いたのは、アドベンチャーゲームなのにまったく選択肢が示されないこと。結局一つも「選択」をなすことなく「不可逆のリブート」エンディング(いわゆる鈴羽ED、マルチエンディングのうちの一番手前の結末)まで進んでしまった。これはまさにアドベンチャーゲームというよりノベルゲームである。
  • これで終わりではあるまいと思って攻略サイトを覗いたところ、主人公の持っている携帯電話に送られてくるメールに返信するかどうかでストーリーが分岐するシステムだったらしい。マニュアルが付属しないこともあって、受信は直観的にできるが送信方法がわかりにくい。
  • 一番初めのエンディングにたどり着くまでに要したプレイ時間は9時間弱。普段親しんでいる映画やドラマと比べると、長編映画よりははるかに長く、ドラマだとここまでで1クール11話くらいの長さとなる。トゥルーエンド到達・100%達成までは、攻略サイトを見ながらで約24時間を要した。特に後者は新しいストーリー分岐に達するまでの「作業」に時間を要し、正直オジさんにはちょっとしんどい感もあった。ただ、尺が長い分、話の前提となる設定や人間関係の描写に時間が掛けてあるのが悲劇の効果を高めていて、そこのところは非常に丁寧でリッチな感触を受けた。逆に言えば、映画やドラマに見られるような、内容にかかわらず枠に合わせなければならないという制約は、想像以上に話を貧しくするのだなあと思う。
  • とはいうものの、ギャルゲーというフォーマットに拘ったことによる別の意味での若干の制約も感じないではなかった。それはつまりマルチエンディングシステムに由来するものであって、まずフェイリスとルカ子のエンディングに至るルートは、それなりの良さは認めるものの、この話の本質にかかわるとは思えず、やはり不要であったと思う。そもそもエロゲーにおいては 女性人物を落とす=エロシーン→ステディな恋人同士に という基本構造が外せないためにマルチエンディングのフォーマットを厳守せざるを得ないわけであり、ギャルゲーである本作もそれを踏襲したものと思われるが、この作品の場合不要なルールである。したがってむやみに女性の数を増やす必要はない。またさらにいうなら、本当は紅莉栖とまゆりのエンディングも、トゥルーエンドに組み込まれているのだから、なくてもよかった。鈴羽のエンディングだけは独自の価値があるので捨てがたい。
  • 追記: 改めて考えてみると、悲劇としてはまゆりEDの方が「真のエンディング」なのかもしれない。アリストテレスいうところの「実行した場合」(『詩学』1454a)である。
  • シナリオについては後日更新。以下は取り急ぎ。
  • とにかく非常によく書けたアリストテレス的悲劇(メロドラマ的でもあるが…)である(劇中のセリフに一度だけ「アリストテレス」(ついでに「ホラーティウス」も)という言葉が出てくるが偶然ではあるまい)。葛藤・ミステリーの力で観客をひきつける力が強い。エートス(キャラクター)はラノベのパターン通りではあったが、上述のように描写に丁寧に時間を掛けているのであまり不自然に感じない。
  • ストーリーのネタ元についてだが、既に各所で指摘されているように、これはあきらかに「時をかける少女」である。本作の初版であるX-box 360版 の公表年が2009年、劇中でカギとなる日が13日、またタイムリープという用語も出て来ているが、なんといっても話のテーマが細田版そのまんまであり、いくら筆者が「何を観ても時をかける少女に見える病」という不治の病にかかっているとはいっても、これは無関係とは言えまい。またそのほか、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』トリロジーや『バタフライエフェクト』など、タイムトラベルものSF映画のアイデアもごった煮にしたようなプロットである。
  • トゥルーエンドの真のスタッフロールの後のエピローグは基本的に蛇足であるように思われた。(ネタバレを防ぐために曖昧な言い方になるが)『バタフライエフェクト』のラストに相当するシーンをワンカット程度含めてあれば十分だった。

88点/100点満点