C:\Windows\Installerをジャンクションにしてはいけないらしい

 Windowsのシステムドライブの容量が苦しくなってくると、%systemroot%\installer(典型的にはC:\Windows\installer)のサイズがバカみたいに大きいのが気になって、別のドライブに移したくなる人も多いだろう。そして、Windowsに慣れている人ならば、その手段としてlinkd.exeを使えばいいんじゃないかと思いつく人もいるだろう。実際、軽く検索してみるとそれを実行してうまくいったというレポートもある。ところが、さらに詳しく調べると、実はこれがとんでもない罠らしいのだ。
 別ドライブにディリクトリを移動してlinkd.exeで%systemroot%\Installerにジャンクションを作った直後はうまく動いているように見える。ところが、新しくアプリケーションをインストールすると、Windows Installerがそのディレクトリの中身を全部削除して空っぽにした上でジャンクションを解除し、普通のディレクトリとして作りなおすらしい。こうなると、当然既にインストールされているアプリケーションのアンインストールは一切できなくなるとのこと。
 なんでマイクロソフトはこんないやがらせみたいな仕様にしたんだろう?

C:\Windows\Installerをジャンクションにしてはいけないらしい」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Cドライブの容量不足で赤信号!原因は?何を削除する?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください